障害者のケアには介護ソフト~介護ソフト活用のススメ~

介護

介護ソフト選び

介護ソフトを導入する人にとって、介護ソフト選びは大切です。介護ソフトはなにを基準に選ぶかといった点でも選ぶことが大切ですが、その前に選ぶ基礎基準という点もあるため十分に理解しておきましょう。介護ソフトの選び方の一つとして、最低契約期間という縛りが無い所を選ぶという方法があります。最低契約期間とは、導入後最低でもこのその期間は無料で解約することができないという期間です。途中で解約する場合は、違約金が取られる場合もあるため、最低契約期間のある場所を選ぶと予想以上に費用の増える恐れがあります。介護ソフトには不向きがあります。そのため、導入後すぐに介護ソフトを変えたいという場合も無料で変えられるよう最低契約機関の無い、もしくは短い場所を選ぶといいはずです。次に介護ソフトのもう一つの選び方として、初期費用のあまりかからないソフトを選ぶという事です。介護ソフトの導入にはある程度の料金がかかります。なるべく料金の少ないところを選ぶというのもいい選び方の一つといえます。ただ、料金によってシステムの質が変わるわけではありませんが、質が低いソフトの場合料金が安くなる傾向もあるため、事前にソフトについて把握する事が大切です。

介護ソフトの選び方として、料金請求機能以外の機能の種類によって決めるという点です。今ではどの介護ソフトにも料金請求機能がついている事が多く、他の機能を見て選ぶ人も増えています。帳簿の作成機能や国保連に情報を送る機能など、その機能は様々です。自分にあった機能を選ぶと良いでしょう。